2015
11/11

COMMENTS:
No Comments »

臨床現場で評価される人物

医療機関で働く良い看護師の条件として、様々なポイントが挙げられます。とりわけ、医師や上司の看護師、同僚の看護師からの評価は重要で、良い看護師として認められることでナースステーションでの交流も円滑になり、看護職をスムーズに遂行出来るようになります。優れた看護師の資質として上げられるのは、患者さんの症状の変化に素早く気がつく観察力と洞察力です。また、個々で対応が不可能なケースでは、先輩看護師の指示を仰いだり医師に指示をお願いするなど、その場の状況に応じたコミュニケーション能力も不可欠な要素とされます。これらの看護師としての資質は大変重要なもので、患者のケアを的確に遂行し症状の悪化を食い止める意味でも大事になってきます。

また、優れた看護師の資質としては協調性も挙げられ、看護業務は常に組織的な職務である事を意思した行動が求められます。そのため、医療機関では対人スキルが不可欠なポイントで、患者とのコミュニケーションだけではなく、同僚看護師や薬剤師、理学療法士などの医療従事者とのコミュニケーションも欠かせません。そして、看護師はそれぞれの患者の症状の緊急性や症状の度合いに合わせた適切な処置を施していく事が必要とされます。これらの資質を兼ね備えた看護師は、臨床現場でも適切な行動が取れるために評価が高くなり、周囲の医療従事者の方々から良い看護師として認められるかけがえのない存在といえるでしょう。・・・詳細・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です